専門業者を使う

専門の買取業者に依頼し、トラクターをする方法も考えられます。幅広い商品を買取りする業者もあれば、農機具専門の買取業者もあります。このような業者の場合、海外にて修理整備を行い、必要とされる国などで販売される事が多いです。確かに発展途上の国では需要が高く、品質の高い日本の製品は人気がある事は理解できます。その為、売却時の品質の状態に関係なく、買い取ってもらえる業者もあるようです。お住いの地域によって、買取り業者の数や業者の事業内容も異なります。もちろん買取価格も異なります。入念に買取り業者を探す必要がある事と、もし複数あるのであれば、相見積もりをとって検討する事が良いと思います。

トラクターの処分は、ご自身に一番あった方法を選択する事が良いと思います。単純に金銭面での損得を考慮せずに、一刻も早く手放したいのであれば、処分という選択が一番手っ取り早い方法です。

やはり、数百万円という高値で購入したものなので、せっかくだから手間がかかっても売却したいという事でしたら、先述した3つの方法を参考にして頂いて、買い取ってもらう(売れる)為の努力が必要です。中古であってもまだまだ使えるのならば使いたい方に使用してもらう方がトラクターにとってもお財布にとっても優しい方法ですね。

Pocket

自分で処分する

トラクターの処分の方法に関してです。購入から何十年も経過して、故障があったり最悪は全く使い物にならない状態であり、買い取ってもらう余地もないと判断した際は、処分を検討する事もあると思います。その際は、農機具店やリサイクル業者等を探し、お金を支払って処分してもらいます。また、農協に処分を依頼する事も出来ます。処分の場合、自身で持ち込む場合と、業者等に回収に来てもらう場合でも、大きく費用が変わる可能性がある事や、業者により価格に差がある可能性があります。いずれにせよ、処分費用が掛かる事に変わりはありません。メリットとしては、業者に任せてしまえるので楽という事でしょうか。

買い取りに関してですが、方法はいくつかあります。まず一つ目が、知り合いや近所でトラクターが欲しいという方に、安価で譲るという方法です。もちろんトラクターは正常に利用できる状態である事が絶対条件ですが、身近に欲しい方がいる場合は、交友関係や親交の為にも、安価で譲る選択もいいのではないでしょうか。身近にいない場合は、農協や各組合、公共施設等で「トラクター安価で譲ります」というチラシを置いてもらう事も良いかもしれません。デメリットは、必要とする人がいない場合なかなか手放せない事や、人に譲る為にはある程度お金をかけてメンテナンスをする必要がある事かもしれません。

他にもインターネットを利用して販売する方法があります。大手インターネットオークションでもトラクターは出品されてます。先程の方法に比べ、より多くの人に見てもらう事が出来ますし、その反面同商品の出品者も多くいる為、売れる為には努力が必要となります。高品質で出品する事、適正価格(低価格)である事が、売却に繋がります。また、出品する為にはインターネット利用が前提なので、苦手な方は難しいかもしれません。

Pocket

トラクターの処分法

農家や田舎出身の人だけでなく、都会の人でも誰もが知っている“トラクター”。一般的に乗用している車と違い、トラクターは農業機械として周知されています。一般的に私達が普段利用している車は、その購入による取得から、売却または廃車処分に至る過程をイメージしやすいものですが、トラクターは私達、特に農業従事者の方が購入・利用してから、いったいどのような形で手放すのでしょうか。

トラクターを処分、または売却する理由は、人により様々です。修理不能な状態に故障してしまった為、処分せざるを得ない場合や、修理可能であっても莫大な費用を要する為、新しいトラクターに買い替える場合。または、魅力的な新しい商品が発売され、買い替えを決断する場合。日本の問題でもある高齢化や農業従事者の減少、農業を続けたくても体力的に継続出来ず、止む無く廃業を決断した際に、トラクターを含む農業機械を処分・売却する事もあります。また、最近では、田舎の親が農業を営んでいるが、子は都心に出て働いていて、農業を継がない事が多くあります。その際は廃業、または、親が亡くなった後に、子世代が処分を検討するといった場合もあります。日本の高齢化、農家の減少、最近ではTPPの問題もありますが、トラクターや農業機械の処分は、重要な日本の問題・課題に伴う、必要不可欠なものになっています。

そもそも農業従事者でなければなかなかトラクターの価格は知りえませんが、その相場は新車であれば100万円台のものからあり、馬力が多いものでは1000万円を超えるものなど価格帯は幅広く、決して安いものとは言えません。安い買い物ではないトラクターだからこそ、壊れてしまったときや、新しいものを買いなおすときは安価で回収してほしい、できるならば納得のいく価格で買い取ってほしいものです。

当サイトでは、トラクターの回収、処分、買い取りについて損のない納得した選択をしていただけるよう、それぞれのメリットやデメリットについてお話しします。

Pocket