トラクターの処分法

農家や田舎出身の人だけでなく、都会の人でも誰もが知っている“トラクター”。一般的に乗用している車と違い、トラクターは農業機械として周知されています。一般的に私達が普段利用している車は、その購入による取得から、売却または廃車処分に至る過程をイメージしやすいものですが、トラクターは私達、特に農業従事者の方が購入・利用してから、いったいどのような形で手放すのでしょうか。

トラクターを処分、または売却する理由は、人により様々です。修理不能な状態に故障してしまった為、処分せざるを得ない場合や、修理可能であっても莫大な費用を要する為、新しいトラクターに買い替える場合。または、魅力的な新しい商品が発売され、買い替えを決断する場合。日本の問題でもある高齢化や農業従事者の減少、農業を続けたくても体力的に継続出来ず、止む無く廃業を決断した際に、トラクターを含む農業機械を処分・売却する事もあります。また、最近では、田舎の親が農業を営んでいるが、子は都心に出て働いていて、農業を継がない事が多くあります。その際は廃業、または、親が亡くなった後に、子世代が処分を検討するといった場合もあります。日本の高齢化、農家の減少、最近ではTPPの問題もありますが、トラクターや農業機械の処分は、重要な日本の問題・課題に伴う、必要不可欠なものになっています。

そもそも農業従事者でなければなかなかトラクターの価格は知りえませんが、その相場は新車であれば100万円台のものからあり、馬力が多いものでは1000万円を超えるものなど価格帯は幅広く、決して安いものとは言えません。安い買い物ではないトラクターだからこそ、壊れてしまったときや、新しいものを買いなおすときは安価で回収してほしい、できるならば納得のいく価格で買い取ってほしいものです。

当サイトでは、トラクターの回収、処分、買い取りについて損のない納得した選択をしていただけるよう、それぞれのメリットやデメリットについてお話しします。

Pocket